⑥梶原優南
「首を絞めている少年」