0 REIJINSHA GALLERY – 企画ギャラリーが点在する日本橋の東エリアは、江戸時代に最も賑わった繁華街。かつて写楽や北斎、歌麿の浮世絵はこの場所から江戸中に広まりました。そして現在は「今」を象徴するアートの新しい拠点として、時を超えて再び熱を帯びています。銀座にあったREIJINSHA GALLERYは、2018年6月9日にこの街、日本橋大伝馬町でリニューアルオープン。「今」が感じられる選りすぐりの作品との出逢いの場を目指します。このサイトでは、何時でも何処でも身近にアートに触れられるよう継続的な発信をしてまいります。

 information

2022.1.15 黒木リン展 わたしのハザマ あなたのハザマ 展示作品公開しました

   

📢ギャラリーにお越しの際は以下の注意点にご留意ください

⚠体温が37.0℃以上の方は入廊をご遠慮いただきます。

⚠必ずマスクを着用ください。

⚠入口右側のアルコール消毒をご使用ください。

⚠ご用の際は、入口右側の呼び鈴🛎でお知らせください。

緊急事態宣言の延長に伴い予断のできない状態です。 ソーシャルディスタンスを保ち、スタッフ一同お越しいただいた方が 安全に鑑賞いただけるよう努めますので、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

 新型コロナウイルス感染状況、政府と東京都の対策によって今後も予定を変更する場合がございます。 最新情報はHPをはじめ、メールマガジン、SNS(Facebook、Instagram、Twitter)でお知らせいたします。 

展覧会情報

黒木リン展
わたしのハザマ あなたのハザマ
黒木リンの作品に時間の概念はありません。だれもがふとした瞬間に入りこむ、現実と空想、または夢との危うい境界のような世界。彼女はそんな景色を、和紙につけペンで細やかに、そして克明に描いています。眺めていると絵の中に一歩踏み入りたくなるような不思議な世界へと誘います。是非、ゆっくりとお楽しみください。


日常と非日常、その狭間・・・?
ちがう、「現実と現実、その狭間」だ!そう気がついたのはつい最近。
いまだ私自身、ハザマの世界をさまよい探求している途中なのです。

今この場で息をしている私、という現実。
今どこか遠い国で息をしている生きものたち、という現実。
いつもの日常、いつもと変わらぬ道、そこにいるはずがない生きものとの出会い…
出会うはずのない者同士が入ったその空間は、違和感と心地よさが一体となった、自分だけの現実。私はそれを、『ハザマの世界』と呼んでいます。

ですが、ハザマの世界は決して特別なものではありません。
(わたし)だけが入り込める世界ではなく、(あなた)も入り込んでしまう世界。私の作品たちはそのきっかけでしかありません。

作品を通して、いつもの日常からすこしだけ距離を置く。
作品の前に立つ間、この場にいるのに「ここ」にはいない、白日夢のような体感と体験を楽しんでください。

黒木リン

会期 2022年 1月14日(金)−1月28日(金)
時間 12:00-19:00(最終日は17:00まで)
休廊日 日・月・祝
イベント なし

COMING UP

pickup 2022
REIJINSHA GALLERYオンラインでの取り扱い作家から、年に一度実物の作品をご覧いただく展覧会「pickup」も4度目の開催です。その作家たちは年々増えていますが、今回もスタッフが選んだ個性豊かな11名の作品が並びます。是非、皆様のお気に入りを発見してください。

<出展者>
金山友美/菅野静香/志世都りも/杉浦晶/中村眞弥子/畠中彩
本間洋/真栄城理子/宮山香和/森田美雨/よこみちしいな(50音順)

会期 2022年2月4日(金)− 2月18日(金)
時間 12:00-19:00(※最終日は17時まで)
休廊日 日・月・祝
イベント なし

SOCIALS

Instagram

Twitter