0 REIJINSHA GALLERY – 企画ギャラリーが点在する日本橋の東エリアは、江戸時代に最も賑わった繁華街。かつて写楽や北斎、歌麿の浮世絵はこの場所から江戸中に広まりました。そして現在は「今」を象徴するアートの新しい拠点として、時を超えて再び熱を帯びています。銀座にあったREIJINSHA GALLERYは、2018年6月9日にこの街、日本橋大伝馬町でリニューアルオープン。「今」が感じられる選りすぐりの作品との出逢いの場を目指します。このサイトでは、何時でも何処でも身近にアートに触れられるよう継続的な発信をしてまいります。

information

【臨時休廊のお知らせ】

新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急事態措置を受けて、下記の期間を臨時休廊といたします。

2021425日(日)~511日(火)

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ご迷惑とご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。 情勢の変化によって今後も予定を変更することがございます。

最新情報はHPをはじめ、メールマガジン、SNSFacebookInstagramTwitter)でお知らせいたします。


04.21 🎨米田 貫雅ページを新設しました

04.17 🎨周 妍ページを新設しました


📢ギャラリーにお越しの際は以下の注意点にご留意ください

⚠体温が37.0℃以上の方は入廊をご遠慮いただきます。

⚠必ずマスクを着用ください。

⚠入口右側のアルコール消毒をご使用ください。

⚠ご用の際は、入口右側の呼び鈴🛎でお知らせください。

緊急事態宣言が解除されてもなお、予断のできない状態です。 ソーシャルディスタンスを保ち、スタッフ一同お越しいただいた方が 安全に鑑賞いただけるよう努めますので、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

 

 

新型コロナウイルス感染状況、政府と東京都の対策によって今後も予定を変更する場合がございます。 最新情報はHPをはじめ、メールマガジン、SNS(Facebook、Instagram、Twitter)でお知らせいたします。 何かとご不便、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。


展覧会情報

関紀子
記憶の標本展示場

会期 2021年5月14日(金)− 5月28日(金)
時間 12:00-19:00※最終日は17:00まで
休廊日 日・月・祝
イベント イギリスの現代美術家であるレイチェル・ホワイトリードの影響を受け、4~5歳から現在までの、心に深く刻まれた残像をレジンに封じ込める関紀子の初個展です。 ある場所に漂っていた空気感や事物が小さく再構築され、その時の心象を永遠に遺すための標本になった作品を多数展観します。

COMING UP

川越ゆりえ展
共に生き、彩る
寂しさや嫉妬心。それは誰の心の中にも存在する負の感情ですが、見方を変えれば共に生きてゆく愛らしい運命共同体。
川越ゆりえは、「ヒト」の中で蠢く様々な心の動きを、虫の姿で表現します。
彼女は「私の作品が観てくださる方にとって、共にこの世を生き、共に戦う友達になれば嬉しい」と言います。ご期待ください。


会期 2021年 6月4日(金)−6月18日(金)
時間 12:00-19:00※最終日は17:00まで
休廊日 日・月・祝
イベント なし

SOCIALS

Instagram

Twitter